ネットショップ(ECサイト)で利用したい決済サービスを検討するまえに、確認したい5つのポイント!

ネットショップ(ECサイト)で利用したい決済サービスを検討するまえに、確認したい5つのポイント!

ネットショップ(ECサイト)で代金を支払う方法はどうったものがあるでしょう?
自分がネットショップ(ECサイト)を利用した際に使ったことがあるサービスを思い浮かべてみました。

 1.クレジットカード支払

 2.コンビニ支払

 3.代金引換

 4.銀行振込

 5.キャリア決済

 6.ID決済・アカウント決済

などなど、いろいろな支払方法(決済方法)を選ぶことができます。

なぜ、このように多くの支払方法(決済方法)を利用する事ができるようになっているのでしょうか。

ある調査によると「利用したい支払方法(決済方法)ない場合、約7割強の人がそのネットショップ(ECサイト)での購入をやめると回答した結果があるそうです。
このことからも、支払方法(決済方法)の選択は、ネットショップ(ECサイト)を開業する際に、ぜひとも検討をすべき注意事項の1つと言えることが分かると思います。

そこで、支払方法(決済方法)について代表的なサービスをご紹介したいと思いますが、その前に・・・

ネットショップ(ECサイト)で利用したい決済サービスを検討するまえに、確認したい5つのポイント!


1.申込みから実際に利用できるようになるまで時間が掛かる!
決済サービスを契約する場合にはいろいろな書類を提出し、審査などの手続が行われるので、実際に申し込みをしてからもろもろの手続きを経て利用できるまでに時間が掛かることがあります。

ECサイトをオープンする日程が決まっている場合などもあると思いますので、サイトの作成、マーケティングの準備と一緒に決済サービスの導入スケジュールについて必ず確認をしておきましょう!


2.申込をしても必ず利用できる保証はない!
決済サービスによっては、審査基準が厳しいサービスがあります。個人事業主や開店して間もない場合などは、がんばって手続きをしても、最終的に審査が通らないなどの事が想定されいます。

新たにネットショップ開設する場合などは、運営実績を積んでからでないとそもそも審査してくれなかったりすることもあります。必ず事前に条件などを確認しましょう。


3.入金サイクルなどに気を付ける
決済サービスによっては、売上代金が即時ショップの指定口座に振り込まれるものから、一定期間ごとにまとめて後日振り込まれる場合などもあります。

この入金サイクルについてはネットショップ(ECサイト)の経理処理などと深く関わりが出てきますので、事前に十分確認をしておくことをおすすめします。

せっかく商品が売れても代金の入金は2ヵ月も先となり、運営費用や問屋への支払、はたまた発注作業などにも大きく影響をしてきます。


4.接続方式を確認する
決済サービスではシステム構成やデータの授受方式などにより、一つの決済サービスでも複数の接続方式(決済データの授受方式)がありますので、利用するショッピングカートシステムで対応をしている接続方式について事前に確認をする必要があります。

希望に合ったショッピングカートシステムと、決済サービスを見つけても接続できないのであれば利用する事が出来なくなってしまいます。


5.損害補償について
特にクレジットカードを例にすると、紛失したクレジットカードを不正利用された場合など決済会社が加盟店に対して支払いをしないなどの対応(チャージバックなど)をされることがあります。

このような場合、損害はネットショップ(ECサイト)側で被ることとなり、経営や今後の運営などにも負担が掛かってしまいます。

仮に有料となる場合でも、このような場合の補償についての対応がされるか、できるかなども調べておいた方が良いでしょう。

開業準備カテゴリの最新記事