心輝書道会・吉田月華

■投稿記事一覧
生誕155年森鷗外の小倉日記を書く・4月13日付毎日新聞掲載
『生誕155年森鷗外の小倉日記を書く』社中展について取材を受け、今月13日の書に親しむのコーナーの山口福岡県版に掲載されました。
小倉北区鍛冶町にある森鷗外旧居にて小倉日記より小作品30点を展示致します。
5月7日(日)~14日(日)会館10時~16時30分
※8日(月)休館、7日13時より、14日13時まで
毎日新聞では、社中展の取り組みや作品について小倉の地名より馴染みのある文の書のこと等を紹介頂きました。小倉日記を森鷗外が書いた場所での書作品をお楽しみ頂けますと幸いです。
投稿日: 2017年04月17日
粛々と静寂に
今日は日本全体が白銀にこんな日は
静寂を楽しんでみてはいかがでしょうか。

冬景色の世界は、まるで墨絵のようですが、
書は一瞬の心情が滲み出るものです。

携帯の写真をアップすると横になり残念
雪倒れと言われそうです。
投稿日: 2016年01月24日
書道誌に初めての作品写真掲載
お稽古初め3か月目の小学3年生、前回の清書が書道誌に写真掲載されました。段級に名前が本に出る事嬉しいのですが、作品が写真で掲載されると特別です。お稽古がもっと楽しくなり、自信がついて次回もと励みになります。また良かったねを頑張りましょう。私も嬉しいです。

毎月20日に翌月の本が配布されます。手元に届くとみんな自分の名前を探し、昇段級や写真版の印の確認を楽しみにしています。書道は毎月資格習得しながら楽しく美文字が身につくお稽古です。
投稿日: 2016年01月21日
大人の修学旅行
1月9日大人の希望者7名で、佐賀伊万里へ伊万里焼に書を書く日帰り大人の修学旅行を行いました。
私も陶器に書は初めてで筆を持参したり,仕上がり想定して臨みましたが、彩色用の顔彩の粘りと
色濃くするための重ね塗りなどが筆跡が残るなど書道墨との違いを学び体感しました。受講生は、マウスパッドサイズの陶器、また茶碗など自由に楽しみ来月の焼き上げりが届くのを楽しみにしています。伊万里焼工房を後に美食のランチ、佐賀ならではの陶彩画美術館、名尾和紙工房など巡り有意義な時間を愉しみました。
投稿日: 2016年01月19日
書初め
今年の教室での書初めは、1月5日小倉城庭園教室からとなりました。
幼年、小学1年生の『もち』より『おみくじ』『正月』『出発』『希望』『ゆずり葉』の小学6年生
中学1年生『世界遺産』の楷書そして中学2,3年生『温故知新』行書、一般は『酒能祛百慮』を半紙
よりお稽古初めで行いました。
気持ちも新たに凛とした教室の中に墨の香が広がりました。
投稿日: 2016年01月19日
基本情報ページへ戻る


e-shopsサービス総合案内e-shopsネットショップランキングe-shopsプラスe-shopsカート2e-shopsバナーe-shopsクレヨン
| 個人情報保護方針 | 免責事項について | 運営会社 |

e-shopsに掲載されている情報を利用することによって発生したトラブルや損失、損害に対して、
(株)ハンズは一切の責任を負いません。ご利用者各位の自己責任の元ご利用ください。

Copyright(C) 2017 Hands, Inc. All rights reserved